• ホーム
  • クラミジア対策でクラリスロマイシンを選択するメリット

クラミジア対策でクラリスロマイシンを選択するメリット

2020年04月19日
カプセルが乗っているスプーン

病院や診療所で性器クラミジアと診断されると、アジスロマイシン錠(ジスロマック錠)が処方されます。ただし、状況によってはアジスロマイシンではなくてクラリスロマイシンという別の抗菌薬が処方される場合もあります。クラリスロマイシンもマクロライド系抗生物質のひとつで、病原菌のタンパク質合成を阻止してクラミジア菌の増殖を防ぐ効果が期待できます。ただし、アジスロマイシンとは飲み方や薬の効き目・副作用の点で違いがあります。このため、アジスロマイシンを服用しても治療に失敗した場合や、性器以外の場所に感染した場合などにクラリスロマイシンが用いられます。

この感染症の対策でクラリスロマイシンを選択する一番大きなメリットは、病原菌が咽頭部(のど)の粘膜に感染した場合でも治療効果が期待できることです。岐阜大学の研究チームの報告によれば、咽頭クラミジアに感染した女性患者にアジスロマイシン(1000mg)を単回投与して除菌に成功した割合は86%でした。これに対して10日間にわたりこの治療薬を投与した場合は、全ての患者で除菌に成功しました。

クラリスロマイシン錠を服用して治療をする場合は、治療期間中は毎日欠かさずに薬を飲む必要があります。それでもクラリスロマイシンを選択することで、咽頭クラミジアも高い確率で完治させられるというメリットがあります。

性器クラミジア患者の1~2割は、咽頭部にも病原菌が感染していることが知られています。ジスロマックを服用しても喉(のど)の粘膜などに病原菌が残存し続ける恐れがあります。クラミジア菌が喉の粘膜に感染し続けると扁桃炎を繰り返したり、眼球の粘膜に感染して結膜炎を発症するリスクがあります。10日間以上にわたりクラリスロマイシン錠を服用することで、咽頭クラミジアも一緒に治療することができます。

ジスロマックは、女性の性器クラミジア感染症に高い治療効果を持つことが知られています。それでも一部の患者は、ジスロマックを服用しても病原菌を完全に除菌することができずに再発する場合があります。もしもジスロマックを服用して治療に失敗した場合は、クラリスロマイシンを使用することができます。

体質によってはジスロマックに対して強いアレルギー反応を示したり、激しい下痢などの副作用が出てしまう場合があります。このような患者は、ジスロマック以外の別の抗菌薬を服用する必要があります。ジスロマック以外でクラミジアに対して有効な抗菌薬のひとつがクラリスロマイシン錠で、病院でも使用されています。

関連記事
クラビットの正しい使い方でしっかりとクラミジアを退治する!

クラミジアを治療する場合には、ジスロマック(アジスロマイシン錠)以外にクラビットを服用する方法もあります。咽頭クラミジアも一緒に治療したい場合や女性患者であれば、クラビットを服用すると効果的です。女性の性器クラミジア感染症であれば、ジスロマックよりもこちらの治療薬のほうが治療の成功率が高いという利点

2020年05月29日
クラミジア治療でジスロマックを選択した際に注意するべき使い方

ジスロマックは性器クラミジア感染症の第一選択薬で、国内の多くの病院・診療所で処方されています。個人輸入通販サイトを利用して薬を入手してクラミジアの治療をする場合でも、ジスロマック(アジスロマイシン錠)が便利です。ジスロマック(アジスロマイシン)は他の抗生物質と副作用が出にくくて安全性が高いというメリ

2020年06月17日
クラミジア対策でアジーを個人輸入する際のポイント

クラミジアに感染してしまった場合は、病原菌に対して有効な抗菌薬を服用して治療をする必要があります。クラミジアに有効な抗菌薬はいくつかの種類がありますが、いずれの薬も日本国内では医療用医薬品(処方箋薬)に指定されています。医療用医薬品は一般向けに販売することが法律で禁止されているので、薬を購入するため

2020年05月14日
クラミジアをしっかり退治するためのアジーの正しい使い方を解説!

日本国内の病院や診療所では、アジスロマイシン錠として先発医薬品のジスロマックが処方されます。日本ではあまり普及していませんが、海外では多くの後発(ジェネリック)医薬品が製造・販売されています。ジェネリック医薬品の効き目は先発医薬品と同じですが、安い値段で販売されています。アジーは海外で販売されている

2020年04月29日