• ホーム
  • クラビットの正しい使い方でしっかりとクラミジアを退治する!

クラビットの正しい使い方でしっかりとクラミジアを退治する!

2020年05月29日
薬を飲む男性

クラミジアを治療する場合には、ジスロマック(アジスロマイシン錠)以外にクラビットを服用する方法もあります。咽頭クラミジアも一緒に治療したい場合や女性患者であれば、クラビットを服用すると効果的です。女性の性器クラミジア感染症であれば、ジスロマックよりもこちらの治療薬のほうが治療の成功率が高いという利点があります。先発医薬品のクラビット錠は黄色の楕円型の錠剤で、錠剤の表面には“クラビット”の文字が刻まれています。

クラビットの有効成分はレボフロキサシン水和物で、これは日本の第一三共によって開発された薬品です。レボフロキサシンはニューキノロン系抗生物質のひとつで、アジスロマイシンとは別の仕組みで病原菌の増殖を抑える働きがあります。ニューキノロン系抗生物質は病原菌が増殖をする際にDNAの複製を阻止する働きがあり、遺伝子の情報を読み取る作用を邪魔します。病原菌が遺伝子の情報の読み取りができなくなるとDNAのコピーを作成することができず、細胞(増殖)を阻止することができます。

現在は、クラビットと同じ有効成分が配合されたジェネリック医薬品も製造・販売されています。レボフロキサシンが配合されたジェネリック医薬品は、個人輸入通販サイトを通して安い費用で購入することができます。

性器クラミジアを治療するためにクラビット(レボフロキサシン錠)を使用する場合は、正しい使い方を抑えておくことが大切です。クラビットの基本的な使い方ですが、錠剤タイプの薬(250mg錠)であれば1回2錠を1日1回飲みます。性器クラミジアの治療期間は7日間で、途中で症状が治まったとしても最後まで薬を飲みきる必要があります。なるべく1日のうちで決まった時間に薬を飲むようにして、飲み忘れに注意しましょう。薬を飲み忘れたことに気が付いたら、なるべく早くその日の分を飲みます。他の薬を服用している場合は、飲み合わせが可能かどうかチェックする必要があります。制酸薬が配合された胃腸薬やオレンジジュースと一緒に飲むと、薬の効き目が弱くなってしまうので注意が必要です。

クラビットは抗菌力が強く、特に女性の性器クラミジアに効果的です。薬を飲んでクラミジアの症状が治まったかのように見えても、細菌が残存して再発する恐れがあります。しっかりとクラミジア菌を退治するためには、正しい方法で薬を飲むことが大切です。治療期間前に薬の服用を中止したり飲み忘れなどがあると、再発したり薬剤耐性菌が出現する危険性があります。治療を開始したら、きちんと決められた量の薬を最後まで飲み続けるようにしましょう。

関連記事
クラミジア治療でジスロマックを選択した際に注意するべき使い方

ジスロマックは性器クラミジア感染症の第一選択薬で、国内の多くの病院・診療所で処方されています。個人輸入通販サイトを利用して薬を入手してクラミジアの治療をする場合でも、ジスロマック(アジスロマイシン錠)が便利です。ジスロマック(アジスロマイシン)は他の抗生物質と副作用が出にくくて安全性が高いというメリ

2020年06月17日
クラミジア対策でアジーを個人輸入する際のポイント

クラミジアに感染してしまった場合は、病原菌に対して有効な抗菌薬を服用して治療をする必要があります。クラミジアに有効な抗菌薬はいくつかの種類がありますが、いずれの薬も日本国内では医療用医薬品(処方箋薬)に指定されています。医療用医薬品は一般向けに販売することが法律で禁止されているので、薬を購入するため

2020年05月14日
クラミジアをしっかり退治するためのアジーの正しい使い方を解説!

日本国内の病院や診療所では、アジスロマイシン錠として先発医薬品のジスロマックが処方されます。日本ではあまり普及していませんが、海外では多くの後発(ジェネリック)医薬品が製造・販売されています。ジェネリック医薬品の効き目は先発医薬品と同じですが、安い値段で販売されています。アジーは海外で販売されている

2020年04月29日
クラミジア対策でクラリスロマイシンを選択するメリット

病院や診療所で性器クラミジアと診断されると、アジスロマイシン錠(ジスロマック錠)が処方されます。ただし、状況によってはアジスロマイシンではなくてクラリスロマイシンという別の抗菌薬が処方される場合もあります。クラリスロマイシンもマクロライド系抗生物質のひとつで、病原菌のタンパク質合成を阻止してクラミジ

2020年04月19日